忍者ブログ
ADMINWRITE
日々の覚え書き。 まだまだぴよぴよ。 最近は勉強過程をさらして恥かいてます。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


えー、たまにもまじめな備忘録を。
と、思ったのですが、ネタ帳が行方不明です。。。。

あ、あったあった。今日探して見つからなかったかばんの中に入ってた。あれ??


では改めて。
☆出来るもの:DLLファイル、Libファイル
静的リンク。。。のはず。

VC6と.NET2005では微妙に作り方が違う。
某サイトでは同じって書いてあったけれども。
確かに同じだけれども。

個人的にはまったのは、
defファイル。
defファイルはVC6では勝手に作られるけれども、.NET2005は自作じゃないとだめでした。
それがよーわからんかったのでした。

PR
スレッドが嫌いです。
こいつのせいで、何度PCを再起動したことか。

って、自分がへぼいだけなのですが。

スレッド作成には、

WaitForSingleObject(ハンドル,時間);

と使うらしいです。
AfxBeginThread関数を使う手もあるそうです。
自分が作ったソースをみると、WaitForSingleObjectもAfxBeginThreadもつかってました。
どっちがいいの?
何が正しいの???

暇になったら調べてみよ。。。

覚える気がないと言われたらそれまでですが。
以下、vc6です。

/*文字の操作*/
char  name[64];
char   messaage[256];

strcpy(name,"ゆうひ");     /*これでnameのなかに”ゆうひ”が入る*/

sprintf(messaage,"こんにちは %s です",name); 
/*messaageの中に、”こんにちは ゆうひです”と入る*/

AfxMessageBox(messaage);
/*メッセージボックスに表示されます*/


はい、そんなわけで、よく忘れます。文字操作。
VS2005だと微妙に違うようです。
他にもいろんな技がありますが、思い出したときに。
VC6でマウスホイールイベントを得る方法。

クラスウィザードにないからできない訳じゃございません。


ふつーに.NETなどのマウスホイールイベントの文を書くだけです。


OnMouseWheel(なんちゃら)

afx なんちゃら

みたいなやつ。マウスホイールを動かすと、動かしたぶんの値がとれます。ここでは、手前から奥に動かすと+120で、奥から手前に動かすと、-120でした。


120って、なんだろ?(?_?)

では、つらつらと、にもっくんのどこが悪いかを書き連ねていきませう。


■マジックナンバーを使っている。

はい、これ。かなりやばいね。
にもっくんでステージを変更しよう!とか、ゴールの位置を変えよう!とか思っても、このコードの中身をがっつり変えなくてはいけない。
なんと非効率なことでしょう!!!
なんで自分はこんな書き方をしたんだ……というくらい、ひどいよなぁ。。。
いままでお仕事でさわったやつもそうなっているのかなぁと思うと、恐怖。


■関数で分かれていない

はい、どうしてでしょうね、これ。
前回のブログにも書いたのですが、どうやら「クラスを増やさない」=「関数を増やさない」と勘違いしてしまいました。なんでだろう…。


■使ってない変数がある

ような気がするのだが。。。。


■バグがある

な、なおしましょう。。。。



師匠、ごめんなさい!こんな弟子で><

見れば見るほど恥ずかしいわぁ。
ポインタとか使ってみたいわぁ。

次回は、プログラムじゃない、ちょっと違うこと書きます。
 

カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[12/13 sakushisyou]
[10/19 sakushisyou]
[08/26 ゆうひ]
[08/13 sakushisyou]
[11/23 ゆうひ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ゆうひ
性別:
非公開
自己紹介:
はやく一人前になりたーい(謎)
成長していければいいな。。。
成長してるよね?
自称・メイドプログラマー(修行中)
料理の味付けはおおざっぱ。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
クリック募金♪
世界樹の迷宮

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ ゆうひ堂本舗 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]